豊島区がアニメイトとコラボ PRアニメを制作 シャフトが手掛ける

 東京都豊島区は、ポップカルチャーの発信拠点としての池袋の魅力をPRするアニメ作品を、アニメグッズ専門店「アニメイト」と共同制作した。2020年東京五輪・パラリンピックに向けたブランド力向上施策の一環で、制作費は3千万円。「誰もが主役になれる街・池袋」をテーマに、少女が未来の池袋の街の上空を飛び回るという内容で、動画投稿サイト「ユーチューブ」の区公式チャンネルなどで見ることができる。(松崎翼)

 池袋は近年、秋葉原とともに、日本のポップカルチャーに興味を抱く外国人観光客の人気スポットになっている。アニメイト池袋本店周辺にはアニメ関連の専門店が軒を連ね、女性アニメファンやコスプレファンが集まる「乙女ロード」とも呼ばれている。

 同区は今回のPRアニメを通じて、アニメやコスプレを特色とする池袋の魅力を知ってもらい、知名度向上や訪日外国人客の増加につなげたい考え。作品は3分40秒で、アニメイト各店でも見ることができる。

 制作は、人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」などを手掛けるアニメ制作会社「シャフト」が担当。「弱虫ペダル」など数々のヒット作を生み出した吉田玲子さんが脚本を務めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ