紅白歌手別視聴率、1位はサザン伝説シーン!TV初歌唱の米津玄師2位

 昨年大みそかに放送された「第69回NHK紅白歌合戦」の視聴率の推移を4日、ビデオリサーチの調べ(関東地区)をもとにサンケイスポーツが独自に割り出した。瞬間最高は白組の勝利が決まった場面の45・5%で、歌手別では最終歌唱者を務めたサザンオールスターズが45・3%でトップ。テレビ初歌唱となった米津玄師(27)ら話題のアーティストたちも40%を超え、平成最後の紅白を盛り上げた。

 平成最後の紅白で国民をくぎ付けにしたのは、やはり国民的バンドだった。

 “究極の大トリ”として最終歌唱者を務めたサザンは、1曲目「希望の轍」と2曲目「勝手にシンドバッド」の歌唱を終える場面でそれぞれ歌手別1位となる45・3%を記録した。

 とくに「勝手に-」ではボーカルの桑田佳祐(62)と松任谷由実(64)、北島三郎(82)の奇跡のコラボが実現。桑田がユーミンと“胸騒ぎの腰つき”を披露すれば、ユーミンは桑田の頬にキス。レジェンドたちがステージを盛り上げ、ボルテージは最高潮に。その熱気に比例するように視聴率も上昇した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ