吉田栄作、30年所属ワタナベエンタ退社「起承転結の『転』の年」

 俳優、吉田栄作(50)がデビュー以来30年にわたって所属した大手芸能事務所、ワタナベエンターテインメントを退社したことが4日、分かった。

 同事務所はサンケイスポーツの取材に、吉田との契約が「2018年12月31日をもちまして終了」したと説明。吉田はこの日、ブログを更新し、ブログの終了と近日中にSNSを立ち上げることを発表。退社には触れなかったが、「今年は自分にとって起承転結の『転』の年…(中略)この新しい一歩を大切にしたい」などと心境をつづった。

 吉田は19日にスタートする日本テレビ系「イノセンス 冤罪弁護士」(土曜後10・0)の第1話にゲスト出演。今後も芸能活動を続ける。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ