白組が2年連続優勝!最終歌唱者サザンはサブちゃん、ユーミンと豪華共演/紅白

 第69回紅白歌合戦(31日、NHKホール)ロックバンド、サザンオールスターズが、最終歌唱者として「希望の轍」と「勝手にシンドバッド」を披露。国民的バンドが平成最後の紅白を華やかに締めくくった。また、平成ラスト紅白は昨年に続いて白組が勝利した。

 今年デビュー40周年のサザンは、大トリを務める嵐の後、紅組でも白組でもない最後の歌唱者として登場。紅白としては35年ぶりにNHKホールで“大暴れ”した。

 また、サブちゃんやユーミンとも豪華共演も実現した。演歌歌手、北島三郎(82)はサザンと同じく特別企画に、シンガー・ソングライターの松任谷由実(64)は紅組として出場。桑田佳祐(62)は「希望の-」に続いて歌唱した「勝手に-」のサビの「今何時?」で北島にマイクを差し出した。北島が歌うことはなかったが、にこやかに手拍子で応じた。すると、松任谷が“乱入”し、桑田の頬にキス。その後も2人で合唱し、会場は大盛り上がりとなった。

 パフォーマンスを終えた桑田は、2人とのコラボに「夢の中にいるようです。最高です」と酔いしれていた。

 5年ぶりに紅白に帰ってきた北島も、特別企画で後半に歌唱。弟子の北山たけし(44)と大江裕(29)のユニット、北島兄弟が新曲「ブラザー」を歌唱後、戦国武将をイメージした巨大カブトの上のシャチホコに乗って登場し、名曲「まつり」を熱唱。桑田ら共演者も手拍子で合唱し、巨大うちわであおるなどお祭り騒ぎで、北島は最後に♪これが日本の祭りだよ…という歌詞を♪これが平成の祭りだよ…と歌い、平成ラスト紅白を盛り上げた。

 ことしの審査方法は、全対戦終了後に「視聴者審査員」「会場審査員」「ゲスト審査員」が投票。それぞれの投票で競り勝った組を1ポイントとし、2つ以上のポイントを獲得した方が優勝。「ゲスト審査」は紅組、「会場審査」は白組、「視聴者審査」は白組となり計2ポイントで白組が勝利した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ