サザン桑田、サブちゃんと豪華初共演へ!「今何時?」で夢の掛け合いも/紅白リハ

 大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(後7・15)のリハーサルが30日、東京・渋谷のNHKホールで行われ、特別企画に出演するサザンオールスターズと北島三郎(82)が対面した。桑田佳祐(62)と北島は握手を交わし、サザンの「勝手にシンドバッド」では桑田が北島に合唱を促すなど大盛り上がり。31日の本番で生のステージとしては夢の初共演が実現する。

 今年デビュー40周年のサザンと紅白出場歴50回を誇る御大、サブちゃんの初コラボが、平成最後の夢舞台で実現する。

 出演アーティストがステージ上に勢ぞろいする顔合わせに、桑田佳祐は緑のパーカ姿で参加。嵐の大野智(38)と石川さゆり(60)に囲まれた舞台中央に立つと北島が登場し、桑田とガッチリ握手。談笑するなど終始リラックスムードで、ツーショットの写真を撮るなどして本番に向けて交流を深めた。

 サザンは今回、大トリを務める嵐の後、特別企画で「希望の轍」と「勝手にシンドバッド」の2曲を披露し、平成紅白ラストを締める。一方、北島は前回出場した2013年の紅白で、紅組・白組の枠を超えた「究極の大トリ」として「まつり」を熱唱。北島は新年を迎えるための最終歌唱者としての心意気などを伝授したとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ