NHK紅白歌合戦、特別枠に「要らない」と疑問の声出る

 大晦日に放送されるNHK『第69回紅白歌合戦』。北島三郎、サザンオールスターズが出場することも注目を集めているが、彼らは特別枠での出場となる。この特別枠について異論を唱える声が出ている。

 紅組、白組で出場する42組の歌手のほかに、北島、サザンの出場は追加で発表された。NHKはこの2組以外にも特別枠でサプライズを狙っているという。

 NEWSポストセブンでは20日、「紅白 米津玄師、ドリカム、B’zにギリギリまで交渉か」とのタイトルの記事を配信。ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の主題歌『Lemon』が大ヒットし、一躍時の人となった米津玄師、連続テレビ小説『まんぷく』の主題歌を歌う『DREAMS COME TRUE』、2018年デビュー30周年のB’z側と、交渉を続けているという。

 いずれも出場するなら特別枠ということになりそうだ。

 ネット上では米津、B'zの出場には可能性は低いとする見方が多く、「いやぁ~米津さんは出ないと思うな」「少なくともB'zや米津玄師は出場しないでしょ」との声が。ドリカムについてはこれまで何度も出場していることから、「別にドリカムはサプライズにもならない」との書き込みがあった。

 特別枠についても否定的な意見が目立った。

 「特別枠必要? その時間を出演者が一曲フルコーラスで歌える時間に充てて欲しい」

 「特別枠ばっかりになるんだから、もうそもそも歌合戦というカタチをやめるべきね」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ