高橋真麻、自ら命名「ぬるっと婚」 大好物の麻婆豆腐から結婚指輪

 1学年上の不動産会社社長と22日に結婚したフリーアナウンサー、高橋真麻(37)が、ブログで結婚を発表して一夜明けた25日、東京・赤坂ベクトルスタジオで取材に応じた。「結婚指輪はマーボー豆腐の中に入っていた」と仰天プロポーズ秘話を披露。交際3年の自然な流れのゴールインと重ね合わせ、「ぬるっと婚です」とユーモアをまじえて報告した。

 新婚4日目。左手薬指には結婚指輪が輝いていた。

 この日は、日本テレビ系「スッキリ」やフジテレビ系「バイキング」で生報告。プロポーズは2人で今後どうするかを話し合っていたとき、夫からお笑いコンビ、ライスのように「結婚してくれい!」とギャグっぽく告げられたことを明かして苦笑した。

 その後、都内で行われた無料動画アプリ「バズビデオ」に開設されたお笑い芸人による「サンドチャンネル」の開設会見に司会として登場。終了後の囲み取材で、きちんとしたプロポーズやサプライズがなかったことを嘆き、「(結婚直前)彼に『結婚指輪はケーキやシャンパンに入っているのがいい』と頼んだんです」と打ち明けた。

 そこで夫はサプライズを考案。真麻の大好きなアツアツのマーボー豆腐を買ってきて、その中に何もくるまず結婚指輪を内緒で投入。「気をつけて食べてね」と言われてピンときた真麻は、口に運ぶ前に気づいて「あーっ! 入ってる!」と歓声を上げ、夫と喜びを分かち合ったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ