渡辺謙、軽井沢の土地面積1000坪別荘で恋人と新生活

渡辺謙が生活の拠点にする軽井沢の別荘は1000坪の広さ

渡辺謙が生活の拠点にする軽井沢の別荘は1000坪の広さ

 長野県軽井沢は冬本番を迎えた。シンボルである浅間山は雪で真っ白に染まり、朝晩は凍えるほどの冷気が漂う。JR軽井沢駅から車で30分。その浅間山が一望できる、山の中腹の針葉樹林に囲まれた静かな別荘地で、たびたび見かけられているのが、渡辺謙(59才)だ。

 渡辺は現在、ノーベル文学賞作家カズオ・イシグロ氏(64才)の小説『浮世の画家』を題材にしたNHKのドラマの撮影が順調に進んでいる。年明けからは映画『FUKUSHIMA 50』の撮影があり、多忙な日々を送る。

 そんな渡辺が生活の拠点にするのが軽井沢の別荘だ。

 「2018年5月に南果歩さん(54才)と離婚した際、財産分与で都内の豪邸は南さんが所有権を持ち、謙さんは軽井沢の別荘を受け取りました。“死守”したというか、とにかくこの場所は謙さんのお気に入り。たまに都内にある杏さん(32才)の家で過ごすこともあるそうですが、基本的に日本滞在中はこの別荘を拠点にしています」(芸能関係者)

 驚くのはその豪華さだ。別荘の土地面積はなんと1000坪、そこに300平方メートル近い平屋の建物が建つ。

 「豪華な別荘が建ち並ぶ軽井沢のなかでも、特別に静かで景色に恵まれた立地です。ウッドテラスにはバーベキュー用の丸テーブルが置かれています。今の時期は、日が暮れると門から平屋まで30Mある通路にあるランタンが輝き、高さ4Mの巨大なクリスマスツリーに明かりがともります」(地元不動産業者)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ