欅坂46・平手友梨奈、紅白欠場か…関節痛め一部活動休止

 欅坂46のセンター、平手友梨奈(17)が腰部と両手首を痛めたため、当面の間治療に専念することが21日、公式サイトで発表された。期間は未定で、ダンスパフォーマンスを伴わない活動は継続する。今年は1月に腕をけがしたほか、9月にはステージから落下して打撲するなど“満身創痍(そうい)”の状態が続いていた。

 高度なダンスで欅坂を牽引する平手が、けがで一部の活動を休止する。

 運営委員会はこの日、公式サイトで「現在、ダンスパフォーマンスが出来ない状況」と平手について報告。以前から体調が優れず、改めて精密検査を受けたところ、腰部打撲・左仙腸関節捻挫による仙腸関節不安定症、両手関節捻挫による遠位橈尺(とうしゃく)関節痛と診断されたという。

 仙腸関節不安定症とは、骨盤の仙骨と腸骨の間にある仙腸関節に不適合な緩みが生じ、腰や臀部などに痛みが出ること。遠位橈尺関節は手首部分の関節を痛めることで、日常生活にも支障をきたしそうだ。

 今後は、ラジオなどダンスを伴わない活動に関しては無理のない範囲で続ける。手術はせず通院して治療。けがの原因について所属レコード会社は「ダンスなど日々の活動の積み重ねから来るものと思われます」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ