AAA宇野実彩子が初の不倫役 “ヤンシナ”中2脚本に感激

 ダンス・ボーカルグループ、AAA(トリプル・エー)のボーカル、宇野実彩子(32)が、第30回フジテレビヤングシナリオ大賞作品「ココア」(来年1月4日放送、後11・30)に出演する。

 史上最年少受賞となった鈴木すみれさん(14、中2)の脚本をドラマ化。内容は、何のつながりもなく全く別の場所で毎日を送っている3人の女子高校生のオムニバスストーリー。雑誌の専属モデルなどで活躍する南沙良、出口夏希、永瀬莉子がそれぞれ主役を務めるが、宇野は、鈴森香(出口)の物語で、香の父の不倫相手、篠原音を演じる。

 ハリウッド映画「呪怨パンデミック」(2006年)などにも出演経験がある宇野は、初の不倫役に「相手の奥さんを苛立たせる音の独特な仕草や声色の表現を模索した」という。役柄についても「音は好きという真っ直ぐな気持ちに素直で欲深い女性。夢中で止められない相手への強い気持ちと奥さんへのどうしようもない嫉妬心が伝われば」と捉えた。

 中学生の脚本にも感激したようで「あっという間に読み終えた。登場人物それぞれに描かれる悩みや葛藤はどこか共感しながら心苦しくて、そして乗り越えていく姿に進んでいく力を感じた。メッセージ性のある素敵な作品」と語り、「好きなことを好きでいること、続けることはときに大変だが、これから大きく広がる未来を楽しみに、ご自身の才能や可能性を信じて思い切り進んでいってほしい」と、同賞からは坂元裕二さんや野島伸司さんら有名脚本家が輩出されているだけにエールを送っていた。

 黒崎灯(南)の物語で31歳の売れないギタリスト役で登場するのは、ロックバンド「黒猫チェルシー」のボーカル、渡辺大知。俳優、映画監督としても才能を発揮し、過去にはNHKの連続テレビ小説「カーネーション」(2011年)「まれ」(15年)などに出演。主演映画「ギャングース」も公開された。

 出演は神尾佑、浦上晟周、柳原可奈子、紺野まひる、斎藤工ら。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ