天然すぎる水森かおり、記者「吹き出しそうになりましたよ」

 【芸能ニュース舞台裏】

 意外にさびしんぼな日常を明かしたのは、16年連続でNHK紅白歌合戦出場を決めた、歌手の水森かおり(45)だ。

 今週、所属レコード会社元会長で恩人の徳間康快氏の墓前に紅白出場を報告したが、「水森って結構お笑いのセンスがあるんです。コメディエンヌというか。話が面白い」とスポーツ紙記者。

 「墓前に何を報告したかと問われ『会長が手掛けたジブリ映画は、今もみんなに愛されていますよ』って。まずは紅白のことでしょ! とメモを取りながら突っ込んでしまいましたよ」

 さらに水森の天然ぶりが分かるエピソードも。

 「ピザをデリバリーしたそうですけど、1枚だと悪いのでいろいろ頼んだそうです。1人でそんなに頼んだと思われるのも嫌なので、玄関に靴を並べて、女子会を偽装したそうです。かわいいなって思ってしまいました。取材後には、駐車場の車を見回して、『みんないい車。お坊さんってお金持ちなんですね、結婚相手にいいかも』とも。吹き出しそうになりましたよ」(前出・スポーツ紙記者)

 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ