高須院長、体操・塚原夫妻のパワハラ“無罪”に反論

 2016年リオデジャネイロ五輪体操女子代表の宮川紗江(19)=高須クリニック=へのパワハラ行為は認定されなかったとする日本体操協会の発表から一夜明けた11日、高須クリニックの高須克弥院長(73)が自身の公式ツイッターで反応した。

 「被害者が不快や苦痛を感じるのがハラスメントです。第三者にはわかりません。本当に選手ファーストなら被害者を救済し、現状復帰するべきだと思うのですが…」などと協会の対応に疑問を投げかけた。また、その数時間後には宮川選手が拠点とする神奈川県内の徳洲会体操クラブを訪問。「宮川紗江ちゃんの練習。なう」などとつぶやき、動画や写真をアップした。

 日本協会は10日、塚原千恵子女子強化本部長(71)と塚原光男副会長(70)に科していた一時職務停止を解除した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ