葉加瀬マイ、モナコ映画祭で最優秀助演女優賞「美しいモナコの街で受賞できて幸せ」

 第16回モナコ国際映画祭の授賞式が5日(日本時間6日)に行われ、タレントの葉加瀬マイ(31)が出演した「TOKYO24」(寺西一浩監督、来年公開)が5冠を獲得した。

 同作は2030年の東京を舞台に、日本初のAI刑事が参加する特別犯罪捜査チーム「T24」が難事件を解決するアクションサスペンス。葉加瀬はチーム唯一の女性刑事を演じ、最優秀助演女優賞に輝いた。

 同映画祭は2003年から開催され、暴力やセックス描写のない作品が対象。初の海外映画祭参加となった葉加瀬は「美しいモナコの街で受賞できて幸せ。女優として、今までとは違う私をこれから見せていければ」と誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ