入浴シーン、時代でどう変化?「時間ですよ」から田中麗奈まで

 ドラマに登場する銭湯の女湯や入浴シーンは、時代ともにどのように変わったのか。コラムニストのペリー荻野さんが考察する。

* * *

 今年亡くなった樹木希林さんの代表作のひとつ『時間ですよ』シリーズが、BS12 トゥエルビで再放送中だ。このドラマを改めて見て驚くのは、実におおらかに女性の裸が出てくること。樹木希林さん(当時の芸名は悠木千帆)演じる浜さんは銭湯「松の湯」で、人のいい主人(船越英二)、おかみさん(森光子)、歴代お手伝いさん(3代目は浅田美代子)、従業員の健(堺正章)と働いている。話の舞台が銭湯だから、脱衣所でお客が裸になるのは当たり前なのだが、あっちでもこっちでも胸もあらわな女性客がいて、話したり笑ったり。体は映っているのに顔はほとんどわからない人も多いのだ。

 もちろん話題作りのためのヌードだとは思うが、お色気よりは生活感があって、ドラマに人間味を添えていた気もする。70年代は、銭湯や入浴シーンで裸はよく出てきた。私は70年スタートの時代劇『大江戸捜査網』(テレビ東京系)を取材した際、シリーズ初期に密かに事件を探索する隠密同心の打ち合わせ場所が銭湯だったので、裸女性のいる女湯セットもあり、「目のやり場がなくて困った」と出演者から聞いたことがある。正義の味方も困惑気味だったのである。なお、このシリーズにも悠木千帆時代の樹木希林さんが出演している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ