おかえりサブちゃん5年ぶり紅白!卒業もファンの後押しに「恩返し」

 演歌歌手、北島三郎(82)が大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(後7・15)に特別枠で出演することが4日、同局から発表された。2013年に史上最多の50回出場を達成し、「後輩たちに道を譲る」と卒業したが、「平成最後の紅白」という節目と出演を熱望するファンの声で復帰が決定。「紅白への恩返しです」とコメントした北島は、代表曲「まつり」で日本を盛り上げる。

 サブちゃんが5年ぶりに紅白にカムバック!

 NHKはこの日、文書で北島の紅白復帰を発表。今回は「紅白対決枠」ではなく、特別企画「紅白に、サブちゃんが帰ってきた!」に出演し、2013年に大トリを務めたラスト紅白を含め、これまで年末の大舞台で6回歌唱してきた代表曲「まつり」を披露する。

 同局は「サブちゃんを見たい」という視聴者の声を受け、今回オファーしたことを説明。一方、複数の関係者の話によると、紅白卒業後も毎年、水面下で北島に紅白出演のオファーをしてきたが、本人は固辞してきたという。しかし、今年は視聴者の期待に加え、大きな目玉がほしい同局の熱意と執念に押され、快諾した。

 出演発表を受け、北島は文書でコメント。紅白に対する長年の感謝とともに、地震や豪雨に見舞われた今年の日本を振り返り、故郷・北海道や西日本など被災地に「一日も早い復興を願っております」とエール。その上で「一本の線を引いた私ではございますが、平成最後となる今年の紅白に恩返しと新しい時代への希望を胸に引き受けさせていただきました」と決意表明した。

 「まつり」は歌手全員と熱唱する予定。2016年9月に頸椎(けいつい)症性脊髄症の手術を受けた後もやや歩行に難はあるが、歌唱に支障はなく、次女の夫である北山たけし(44)と大江裕(29)のデュオで自身が命名した北島兄弟と一緒にステージを盛り上げる。

 北山と大江は新曲「ブラザー」を披露する。同曲は、北島の次男で2月に死去した作詞作曲家、大地土子(本名・大野誠さん、享年51)が制作しており、北島は弟子たちに父としての思いを託しつつ、名曲「まつり」で被災地を勇気づける。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ