ビートたけし「さくらももこさんはオイラに似ていた」

 

 8月にこの世を去った漫画家・さくらももこさんを偲ぶ「さくらももこさん ありがとうの会」が11月16日、東京・青山葬儀所で営まれた。『ちびまる子ちゃん』の作者として知られるさくらさんと交友があり、11月30日に著書『「さみしさ」の研究』(小学館新書)を上梓したビートたけし氏が生前の思い出を明かした。

 * * *

 縁の深い人だった。漫画家のさくらももこさんが、乳がんのために53歳で亡くなった。知らなかったけど、10年近く闘病していたそうだ。大杉漣さんもそうだけど、自分より若い人が亡くなるのは、どうにもさみしくなる。

 彼女は昔からオイラのテレビやらラジオのファンだったんだよ。で、追っかけみたいなこともしていたらしい。『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のスタジオにも、よく遊びに来てくれたと思う。確かその当時はもう売れっ子の漫画家だったはずなのに、あんまり小っちゃいもんだから、「おい、子供が紛れ込んでるぞ」なんてイジったりして、そっから仲良くなってさ。

 そんなつながりで、オイラがアニメの『ちびまる子ちゃん』に登場することもあったし、プライベートでもちょくちょく交流があったよ。オイラの家にはさくらももこが描いた大きな絵が飾ってあるし、向こうの家に遊びに行ったこともある。漫画の「ヒロシ」で有名な彼女のオヤジさんにも会ったよ。

 息子さんは、自分の親が「さくらももこ」だってことを知らないんだよな。ビックリしちまったよ。たぶん、子供が「自分は有名人の子供だ」って知ることで、妙に鼻高々になったり、逆に変なプレッシャーを感じさせるのがイヤだったんじゃないかな。子供とはあくまで「普通の親子」としての時間を持ちたかったんだろうね。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ