50歳で新境地!内野聖陽、初の一人芝居「久しぶりの喜びと興奮」

 俳優、内野聖陽(50)が来年6月3~16日に東京・紀伊國屋サザンシアターで上演される舞台「化粧二題」で一人芝居に初挑戦することが1日、分かった。来年没後10年目を迎える小説家で劇作家、井上ひさしさん(享年75)のメモリアル公演の一環。2度目の井上作品に挑む内野は「役者として久しぶりの喜びと興奮の中にいます」と心を躍らせている。

 50歳の節目を迎えた内野が新境地に挑む。

 「化粧二題」は2010年に亡くなった井上さんの戯曲。母親(有森也実、50)に捨てられた子供と、その母親が心の傷を隠しながら懸命に生きる姿を描く作品だ。

 00年の初演以来19年ぶりの再演。物語は前半と後半に分かれ、それぞれ母親と子供が一人芝居を繰り広げる。演出は文学座の鵜山仁氏が担当。同座に約20年間在籍した内野とは、21年ぶりのタッグとなる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ