森田健作、ベッキーら豪華160人集結 サンミュージック50周年記念式典

 大手芸能事務所、サンミュージックグループの創業50周年記念式典が27日、東京都内で行われ、所属タレント第1号で千葉県知事の森田健作(68)をはじめ、西郷輝彦(71)、野村将希(66)、牧村三枝子(64)、ダンディ坂野(51)、ベッキー(34)ら豪華160人が出席した。

 あいさつに立った森田は、2013年5月に亡くなった創業者の相澤秀禎会長(享年83)に感謝。自身を見いだした恩人に思いをはせ、「相澤会長は『みんな家族だ』といわれていた。より一層輝くサンミュージックを作っていこうではありませんか。頑張ろう!!」と決意表明。デビュー50周年を迎えたことには「早いな~」としみじみ。人気絶頂期は「ファンレターが1日1000通はきた」と振り返り、「サンミュージックは私の人生の全てです」と言い切った。

 持ちネタ『ゲッツ!』で大ブレークし、お笑い部門の礎を築いたダンディは「(所属当初はお笑い担当が)一人でデスクも1つで肩身が広くはなかった。『ゲッツ!』は四谷三丁目(事務所の所在地)の奇跡と呼ばれています」と笑顔。記念撮影では160人全員で『ゲッツ!』を披露し、何度も爆笑が起こった。

 相澤正久社長(69)は「会長がいつも言っていた『タレントと社員は大切な家族』が創業以来の理念。先人たちが培ってきた社風をこれからも継承して、常に改革意識を持って皆様に夢と感動を届ける会社を目指してまい進する所存です」と力を込めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ