真矢ミキ、フジドラマ主演で母の料理の思い出「なんでも手作りでした」

 女優、真矢ミキ(54)が27日、東京・町田市内で行われたフジテレビ系主演ドラマ「さくらの親子丼2」(12月1日スタート、土曜後11・40)の取材会に出席した。

 真矢演じる古本屋の店主・九十九さくらが、行き場を無くした人々に親子丼を振る舞う姿を描いた連続ドラマ(パート1)の続編。パート2では「こどもシェルター」を舞台に児童虐待問題にぶつかっていくさくらの姿をバラエティーあふれる料理を交えながら描いていく。

 TBS系朝の情報番組「ビビット」(月~金曜前8・0)で司会を務めている真矢は番組内で児童虐待問題を取り上げたことがあり、「数字に細かくなったんですけど、本当に他人事ではなく社会問題なんです。ドラマに入ってみたら子供たちがかかえている内容は社会問題になっている」と真剣な表情で語った。2017年度に全国の児童相談所が対応した虐待件数は13万3778件で、厚生労働省が統計を取り始めて以来、最悪の事態となっている。

 同ドラマがクランクインした10月27日に母・佐藤雪子さん(享年88)が他界。思い出に残る母の料理について聞かれると「母が専業主婦で、ポテトチップスはじゃがいもを薄く切って揚げることからやる人でしたし、甘い物もゼラチンで固めたり。なんでも手作りでした。3年間くらいは3歳違いの兄の受験もあって親子丼のときもありました。早く温かく食べられるから」としみじみ。劇中に登場する卵料理についても「宮崎からやってくるんです」と番組のこだわりをアピールした。

 会見には記憶と言葉を失った妊娠8カ月の少女を演じる女優、井頭愛海(17)ら計8人の少年少女役も出席し、「ロールキャベツ」「パスタ」「ハンバーグ」などそれぞれの母の味を笑顔で明かした。

 同ドラマの脚本は前作に引き続き清水有生氏(64)が担当。NHKの連続テレビ小説「あぐり」「すずらん」や「3年B組金八先生」などを手がけた清水氏は今回実際にシェルターで取材を重ね、児童虐待を受けた子供たちのリアルな姿に迫っている。

 制作する東海テレビの河角直樹プロデューサーは「今どき珍しいくらい真剣に人間を描いていきたい」とPRした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ