イケメンが顔隠し!賀来賢人『犬神家の一族』で難役“スケキヨ”

 俳優、賀来賢人(29)が12月24日放送のフジテレビ系スペシャルドラマ「犬神家の一族」(後9・30)で、不気味な白マスクでおなじみの犬神佐清(すけきよ)役で出演することが18日、分かった。

 同作は横溝正史氏の推理小説「金田一耕助」シリーズが原作。戦後まもない信州を舞台に、大財閥を築いた犬神佐兵衛の遺産をめぐる殺人事件を描いた名作で知られる。

 主演は名探偵・金田一耕助役のNEWS・加藤シゲアキ(31)で、賀来とは初共演。賀来演じる佐清は佐兵衛の孫で、美少年で知られていたが、ビルマ戦線で顔にけがを負い、白いゴム製のマスク姿で遺産相続争いに揺れる犬神家に戻ってくる“キーマン”だ。

 「犬神家-」の実写化で有名なのは石坂浩二(77)が主演し、市川崑監督がメガホンを執った1976年公開の映画版。佐清役はあおい輝彦(70)で、那須湖に2本の足が突き出した衝撃的な死体としても話題となった。

 賀来は現在、日本テレビ系「今日から俺は!!」(日曜後10・30)にぶっとんだツッパリ高校生・三橋役で主演中。シリアスからコメディーまでこなす演技派に急成長したと評判なだけに、「犬神家-」の役作りでも過去の作品を研究。来週のクランクインに向け、「三橋役ではひたすら無駄に動いてますが(笑)、佐清では真逆の役の作り方を楽しみたい」と悲哀を抱えた難役に意気込む。

 賀来の顔型に合わせた特製の白マスクはすでに完成。衝撃の演技で放送日の聖夜を震撼させる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ