「NY、10月11日、男」とポツリ… 萬田久子バッシング飛び交う成田空港で小声の“リップサービス”

 【女優・萬田久子 愛と性の日々】

 「プレイガール女優」として浮名を流してきた萬田久子の奔放な人生にピリオドを打ったのが佐々木力氏である。

 萬田と1985年暮れから正月にかけて、ハワイで「不倫ハネムーン」を過ごした佐々木氏は大手アパレルメーカーの香港支社長を辞して独立。香港で会社を興し、カフェバーや中国料理店の経営に乗り出している。

 3児の父親でもある佐々木氏は、会社のファッションショーのモデルに萬田が出演したのがきっかけで出会い、恋に落ちたという。萬田は85年春に作曲家の都倉俊一氏とのロマンスが話題となったが、その半年後には佐々木氏と熱愛関係になっていたのだ。

 萬田の一途で素早い動きに、私は炎のような情念を感じた。身ごもると臨月でニューヨークに飛び、87年10月11日に長男を出産し、88年1月末に帰国。乳児は同行したお手伝いさんに託し、成田空港での萬田は単身だった。その日のことを、私は手帳に「29歳、未婚の母帰国」と記載してあった。

 新聞社、雑誌社、テレビクルーが空港到着口通路で待ち受けた。「不倫」「未婚の母」と連日報じられ、彼女への当時の風当たりは強かった。特に女性週刊誌とワイドショーのバッシングはすさまじく、萬田が出てくると「相手の男性の妻子の気持ちを考えたことがありますか」とか「生まれてきた子供の将来を思えば無責任では」といった厳しい質問が飛んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ