麻世vsカイヤの離婚訴訟は炎上商法!? 芸能関係者「仕事にはダメージも注目集めるためなら」

 妻でタレント、カイヤ(56)に対して離婚訴訟を起こしていたことが明らかになった俳優、川崎麻世(55)。長年、別居を続け、“不仲”“鬼嫁キャラ”がネタになっていた2人だが、芸能関係者によると、この裁判自体が炎上商法なのではとの見方も…。

 今月30日、東京家裁で第1回口頭弁論が開かれ、麻世への尋問が行われる予定。麻世は10日、ブログを更新し、これまで離婚調停などで解決を目指してきたことを明かし、「相手方の出席がなく、今回このように裁判を起こす次第となりました」と報告した。ただ離婚を決意した思いなどはつづられていない。

 2人は1990年に結婚し、長女(28)と長男(21)をもうけた。しかし93年、麻世と女優、斉藤由貴(52)の不倫が発覚。麻世の会見は、カイヤが同席し、腕組みして超近距離でにらみつけるという異常事態に。カイヤの“鬼嫁キャラ”が生まれることになった。

 2000年からは別居しているが、14年には今度はカイヤとギニア人男性との不倫が発覚。麻世も自宅に女性を連れ込むなどスキャンダルが報じられた。

 それでも、麻世は昨年5月のイベントで離婚は否定。カイヤも同6月のテレビ番組で「川崎さんと一緒に住みたい」と同調していた。それだけに今回の離婚調停は急転直下ともいえる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ