追いつけないメンタル…吉澤ひとみ被告、書面1枚で電撃引退の無責任

 飲酒ひき逃げ事件で起訴された元モーニング娘。のタレント、吉澤ひとみ被告(33)の電撃引退。自ら18年間の芸能生活に終止符を打つことを決断した形だが、会見を行ってはおらず、説明責任を果たしていないとも言える。しかし、その裏には難しい事情があるというのだ。

 28日、所属事務所を通じて直筆署名入りの書面を送付した吉澤。「自分自身と向き合う中で、自分の弱さと未熟さを自覚しました」と猛省した上で2人の被害者に謝罪。「罪を償い、一社会人として母として恥ずかしくない行動ができるよう、一歩一歩進んで参ります」とつづった。

 本人の申し入れを受けて、所属事務所は同日付で専属マネジメント契約を解除した。

 「通常なら会見などを行うところですが、その予定はなく、書面1枚で終わらせているということで説明責任を果たしていないとは言えます。ただ公判前ということもあり、すぐにはできないという事情もある上、何より吉澤自身が憔悴しきっており、公の場で話せるようなメンタルではないのです」と芸能関係者。

 事件の状況をめぐり、当初の供述とはつじつまの合わない事実が次々と明らかになっており、会見で追及された場合、吉澤が耐えられない恐れがあるという。

 今後、公判などで公の場に姿をみせることになる。そのとき、何を語る?

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ