吉澤ひとみ被告が電撃引退、今後は「母として恥ずかしくないよう…」

 酒気帯び運転してひき逃げし、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴された元モーニング娘。のタレント、吉澤ひとみ被告(33)が保釈から一夜明けた28日、所属事務所を通じて芸能界引退を電撃発表した。勾留期間中に自身の弱さと未熟さを自覚し、自ら18年間の芸能生活に終止符を打つことを決断。今後は「罪を償い、一社会人として母として恥ずかしくない行動ができるよう、一歩一歩進んで参ります」と決意をつづった。

 飲酒、信号無視、ひき逃げ-。前代未聞の事故を起こし、裁判を控える吉澤被告が自ら引退という“判決”を下した。

 「今回の私の行動は、決して許されることではありません」

 保釈から一夜明けたこの日午後7時半ごろ、所属事務所を通じて直筆署名入りの書面を報道各社に送付。自らの心情を告白した。

 6日の逮捕から保釈までの21日間、勾留施設で人生を振り返ったといい、「自分自身と向き合う中で、自分の弱さと未熟さを自覚しました」と猛省。2人の被害者に謝罪し、回復を願った。

 今後についても触れ、「自分が犯した罪を償い、一社会人として母として恥ずかしくない行動ができるよう、一歩一歩進んで参ります」と更生を約束。その上で「今まで18年間お世話になった芸能界からは引退致します」と表明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ