元モー娘。吉沢ひとみ被告が引退 「自分の弱さと未熟さを自覚」

 酒気帯び状態で車を運転し、ひき逃げをしたとして自動車運転処罰法違反(過失傷害)の罪などで起訴され、27日に保釈された元「モーニング娘。」のメンバーでタレントの吉沢ひとみ被告(33)が芸能界を引退することを発表した。所属事務所が28日、マスコミ各社にファクスで報告。吉沢被告本人から引退の申し入れがあり、当日付で専属マネジメント契約を解除したとした。

 吉沢被告は自筆の署名入り文書で「この21日間独りでこれまでの人生を振り返り、自分自身と向き合う中で、自分の弱さと未熟さを自覚しました」とし、「なにより、怪我をされた方々に深くお詫びを申し上げます」と謝罪したうえで「今まで18年間お世話になった芸能界からは引退致します」とつづった。

 引退コメント全文は以下の通り。

     ◇

 私、吉澤ひとみは、この21日間独りでこれまでの人生を振り返り、自分自身と向き合う中で、自分の弱さと未熟さを自覚しました。今回の私の行動は、決して許されることではありません。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ