母の愛歌う!絢香が映画主題歌書き下ろし、篠原涼子「震えました」

 シンガー・ソングライター、絢香(30)が、11月16日公開の映画「人魚の眠る家」(堤幸彦監督)の主題歌を書き下ろしたことが20日、分かった。わが子を守り抜こうとする主人公の心情を思い描きながら制作した切なくも壮大なバラード「あいことば」(11月14日発売)。映画主題歌を務めるのは3年ぶりとなるが、1児のママとしての心情も表現し、「特別に誇れる1曲になりました」と自信をみせている。

 注目映画のフィナーレとなる楽曲は、優しいピアノと迫力あるオーケストラが織りなす壮大なメロディーに、大切な人を優しく包み込むような歌詞が印象的なバラード「あいことば」。

 絢香が映画主題歌を手掛けるのは、2015年12月の「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」の「A Song For You」以来3年ぶり、6作目だ。

 映画は人気作家、東野圭吾氏(60)のデビュー30周年記念作が原作で、離婚寸前、娘が脳死してしまった夫婦の姿を描くヒューマンミステリー。絢香には長女(3)がおり、製作側は大切なわが子を守り抜こうとする母性愛を描いた映画の世界観は絢香が最も美しく表現してくれるはずとオファーした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ