吉澤ひとみ容疑者「お酒が体に入っていた」容疑認めた 基準値の4倍アルコール検出

 酒気帯びでひき逃げしたとして6日に道交法違反容疑などで逮捕された元モーニング娘。のタレント、吉澤ひとみ容疑者(33)から、基準値を大幅に上回るアルコールが検出されていたことが7日、分かった。呼気1リットル中の基準値0.15ミリグラムの約4倍に当たる0.58ミリグラムで、手足の動作がおぼつかなくなるとされる数値。また、事件前日にバラエティー番組の収録に参加していたことも判明。この日、送検された吉澤容疑者は移送の車内でうなだれていた。

 衝撃の逮捕から一夜明け、いくつかの新事実が明らかになった。

 捜査関係者によると、事件発生から15分後の6日午前7時15分ごろ、自ら110番して現場に戻った吉澤容疑者から酒の臭いがすることに警察官が気付き、呼気検査を実施。酒気帯びの基準値となる呼気1リットル当たり0・15ミリグラムの約4倍の0・58ミリグラムのアルコールが検出された。

 0・55ミリグラムを超えると手足の動作がおぼつかなくなるとされており、飲酒量と酔いの程度は個人差があるが、日本酒(アルコール度数15度)だと3合分相当。警視庁中野署が飲んだ量や時間など経緯を調べている。同容疑者は「お酒が体に入っていた。ぶつかって、立ち去ったことは間違いない」と供述し、容疑を認めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ