東方神起、4年ぶり「a-nation」で5度目のトリ

 今年で17年目を迎えたエイベックスの夏恒例イベント「a-nation 2018」の東京公演が25日、東京・調布市の味の素スタジアムで開催された。

 ラストを飾ったのは、6月に前人未到の横浜・日産スタジアム3日間公演を成功させた韓国の人気デュオ、東方神起だ。

 4年ぶりの出演でトリは5度目。すっかり日が落ちたスタジアムを、パールレッドのサイリウムが埋め尽くす。爆音と同時にステージに現れたユンホ(32)とチャンミン(30)の2人は真っ白な衣装に身を包み、1曲目の「Reboot」からパワー全開。

 会場を揺るがす大歓声の中、ユンホは「盛り上がっていますか!?」と叫び、「a-nationは4年ぶりですごく久しぶりだけど、空白を感じさせないくらい盛り上がっていますね」と笑顔。

 チャンミンは「ちょっと蒸し暑さでやられている感じですか!?」とお茶目に語り、「皆さんの笑顔をみると、2人もパワーアップします。今年の夏の最後にもっと特別でステキな思い出を作りたいと思います」とキッパリ。新曲「Road」やヒット曲「Purple Line」と次々に熱唱し、どの曲でも大合唱が起こるなど会場と一体に。涼しげな赤と黒のシャツとデニム姿に着替え、名曲「OCEAN」「Somebody To Love」などのメドレーではトロッコに乗ってグラウンドを回ってファンを喜ばせるなど、全8曲を激しく歌い、踊り、走る、気迫のパフォーマンスで魅せ、約5万人の観衆を熱狂させた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ