【月組】珠城りょう主演「エリザベート」開幕!今回で上演10度目

 宝塚歌劇団月組トップスター、珠城(たまき)りょう主演「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」(10月1日まで)が24日、兵庫・宝塚大劇場で開幕した。

 同作は1996年の雪組による初演以来、今回の月組公演で10度目の上演となる。潤色・演出を務めた小池修一郎氏(63)は取材に応じ、「22年前に生まれていない子が4分の1くらい。エリザベートに出ていた方のお嬢さんが、親子二代で同じ役をやるとか、これから出てくると思う」と話した。

 独創的なストーリーと、美しい旋律で彩られたミュージカル・ナンバーで多くの人々を魅了し、名実ともに宝塚歌劇を代表する人気ミュージカルとなった。

 この公演で、2012年からトップ娘役を務めた愛希れいかが、11月18日の東京宝塚劇場公演千秋楽をもって退団となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ