河合美智子、歌劇に初挑戦!2年前に脳出血「肺活量すごい落ちた」

 女優、河合美智子(50)が19日、大阪市内で行われた歌劇「ジャンヌダルク ジュテームを君に」(10月13、14日 大阪・サンケイホールブリーゼ)の製作発表に出席した。

 NHK連続テレビ小説「ふたりっ子」(1996年度後期)のオーロラ輝子役で知られる河合は歌劇に初挑戦。「35年くらい役者やっていますけど、歌劇とは見るものでまさか自分が出るものとは…。ここにいていいのかという気持ちです」と恐縮した。

 2016年8月に脳出血を発症。一時は右手足が全く動かなかったが、リハビリに励み「今はちょっと捻挫している(くらいの)感じ」と説明した。舞台では詩人役で、歌にも取り組む。「病気をして肺活量がすごい落ちた。心配なので…頑張ります」と意気込んだ。

 ジャンヌ・ダルク役で主演する元OSKトップスターの桜花昇ぼる、シャルル7世役を演じる元宝塚歌劇団男役の椿火呂花も登壇した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ