バンビーノがコンビで被災地を積極支援

 お笑いコンビのバンビーノ=東京よしもと=が、活発な梅雨前線による西日本豪雨の被災地に対し、現地の行政と連携しながら積極的支援を続けている。愛媛県大洲市出身の石山大輔(33)の実家が被災。水不足が深刻化しており、石山は水だけを輸送する独自ルートを10日に開拓。数日が経過し、避難所などで多くの喜びの声が上がっている。

 東京で活動する石山が情報を収集し、当初は松山市内を拠点に物資を集めて、仕事で交流がある「愛媛プロレス」のレスラーたちが、トラックで被災地に一括運搬。バンビーノの後輩にあたる愛媛県住みます芸人、ひめころんの杵築拓也(31)と齊官(さいかん)昌伍(29)も現地で支援活動を行っている。

 石山はサンケイスポーツの取材に対し「物資を集める拠点として、より断水が激しい地域に近く、かつ作業がスムーズに運ぶ場所の確保ができました」と明かした上で、物資送付の継続協力を呼びかけた。

 2リットルのペットボトル飲料水(スポーツドリンクを含む)に特化した最新の送付先は「〒797-0007 愛媛県西予市宇和町明石592の1 新和自動車 三宅和彦代表宛」。電話番号は0894(62)6318。仕分け作業にかかる時間を割愛して一刻も早く被災地に届けるため、運搬しやすい箱単位(6本ないし1ダースなど)での送付協力を呼びかけている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ