オウム真理教・林郁夫受刑者自首の真相をドキュメンタリードラマ化

 12日放送のフジテレビ系「直撃!シンソウ坂上SP」(後7・57)はオウム真理教事件と、昨年6月に亡くなった女優、野際陽子さんの生涯を取り上げる。

 1995年の地下鉄サリン事件などへの関与で死刑が確定していたオウム真理教の松本智津夫死刑囚ら7人に対し、先日死刑が執行されたが、同事件の実行犯のなかで唯一死刑判決にならなかった林郁夫受刑者。無期懲役の判決が下されたのは、彼が事件への関与について自首、さらにオウム真理教の実態について全てを告白し、それらが事件の全容解明、そしてオウム真理教解体につながったからだった。

 林受刑者はなぜ教団に背を向け、全てを告白したのか。その背景には計1500時間にわたって彼の取り調べを担当した刑事との知られざる攻防があった。

 番組では、この刑事への徹底取材をもとにしたドキュメンタリードラマを制作。序盤の取り調べでは、オウム真理教独自の勝手な理論ばかりを述べていた林受刑者が、警察側も全く予期していなかった事件への関与を自ら告白したのはなぜだったのか。渡辺いっけい、松尾諭、奥田陽平、岡部たかしらが演じる。

 肺腺がんを患い、昨年6月に81歳で亡くなった野際さん。がんであることを一切公表せず、亡くなる1カ月前まで撮影に臨み、最後まで女優として現役を貫いた。今回、野際さんの一人娘で女優の真瀬樹里が、今だから明かせる闘病生活の真相をMCの坂上忍に語る。

 「ひたすら怖い母親でした」「しょっちゅう殴られました」など、真瀬さんからは母と娘の知られざる確執が次々と飛び出す。また、20歳のときに母からもらったという手紙を初披露する。そこには、厳しく接してきた母としての謝罪の言葉と娘に対する愛がつづられていた。

 さらに、坂上は野際さんの元夫で俳優の千葉真一にも直撃インタビュー。テレビ初公開となる千葉の自宅豪邸で、22年間の夫婦生活の真実や離婚の真相などを初告白する。

 スタジオには野際さんと縁の深い伊東四朗、室井滋を招き、2人だけが知るエピソードなどが披露される。VTRのナレーションは「ずっとあなたが好きだった」(92年、TBS系)で野際さんと親子共演。“冬彦さん”ブームを巻き起こした佐野史郎が担当する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ