大迫より目立つ? 注目の“半端ない”美人妻

 W杯ロシア大会コロンビア戦の決勝ゴールで大注目の日本代表FW大迫勇也(28)だが、その妻、三輪麻未(みわ・あさみ、29)の“半端ない”美人ぶりも注目されている。

 三輪は“美の殿堂”オスカー・プロモーションに所属するファッションモデル。スリーサイズも公表されており、B73・W53・H79のスレンダー美人だ。2014年に結婚し、現在はブレーメンに所属する夫とともにドイツに居住している。

 もともとは3歳で子役デビュー。その後、ティーンファッション雑誌「ピチレモン」の専属モデルオーディションでグランプリを受賞しモデルデビュー。同誌や「Popteen」のモデルとして活躍していた。

 「結婚後は、つねに大迫に寄り添いながら支えています。ジュニアアスリートフードマイスターの資格もとり、食事面でもサポートしており、大迫の活躍は三輪の存在あってこそでしょう」とスポーツ紙記者。

 そんな三輪のインスタグラムには夫の活躍を祝福するコメントが殺到している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ