チェッカーズの最後の曲は決めていた…「ダサい終わり方はしたくなかった」 作曲家・芹澤廣明氏が激白

 「売れたら、後は下りるしかないでしょう。6作目のシングル『あの娘とスキャンダル』(85年3月)のころにはスムーズにいかなくなって。やっぱりネタも尽きますよ。バンドでアイドルで売れ線で続けるって難しい。僕自身はもう潮時かなとって思っていた。彼らも自分たちの曲をやりたくなるのは当然だしね。だから、ダサい終わり方はしたくなかったんだよね」

 アメリカの市場に挑戦したいという思いは、その頃に強まったという。「ただ、そのときはどうすればいいかも分からなかったから、結局30年近くかかったけど…」というが、その思いはチェッカーズのために書いた最後のシングルに、にじみ出ていた。

 それが、86年6月にリリースされた「Song for U.S.A.」だった。

 「チェッカーズの最後は、この曲って決めていたんです。この曲は、アメリカに行きたいって思っていた僕のことを、作詞家の売野雅勇さんに書いてもらったようなものです」

 売れっ子作曲家の活躍の場は、アニメにも広がっていく。それが「タッチ」だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ