朝丘雪路さん死去 「お嬢さまキャラ」で愛され…巨泉さんと「11PM」共演

 日本画家の父、伊東深水に溺愛された朝丘雪路さんは、愛嬌たっぷりなおっとりした「お嬢さまキャラ」の言動でも親しまれ、俳優や舞踊家として活躍したほか、テレビ番組でも人気を集めた。

 「大変な世界だろうと思っていたら楽しいじゃん。だから長く続いたと思う」。司会を務めた人気番組「11PM」で、朝丘さんの豊満な胸を「ボイン」と表現した大橋巨泉さんからテレビの醍醐味を学んだ。

 番組時は、夫の津川雅彦さんにも作らないお弁当を持っていくほど大橋さんと仲が良かったと明かした。

 2011年、旭日小綬章受章。「自由に楽しく今まできましたのに、ご褒美なんて」と朝丘さんらしい口調で喜びを語っていた。

 宝塚歌劇の100周年の記念公演にはOGとして駆け付け、往年のスターらとともにステージを盛り上げた。宝塚への憧れを口にし「(宝塚音楽学校には)父に頼んで裏口入学したの」と笑いを誘った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ