17歳、真っ白なワンピース姿にお下げ髪… 第一印象は「何とかれん。まるで野菊みたい」

【私だけが知っている女優・吉永小百合】

 吉永小百合(73)を初めて見たのは東京・調布の日活撮影所だった。在京スポーツ紙の原稿運び(大型二輪)をしていた私は、文化部の映画記者に「浅丘ルリ子のインタビューに行くが、一緒に来るならサインをもらってあげるよ」と誘われ、撮影所に同行した。記者は「失恋した浅丘が元気を取り戻している。そのタイミングでの取材」とインタビューの趣旨を説明してくれた。失恋の相手は「渡り鳥シリーズ」などで共演した小林旭である。

 1962年、落ち込んでいた浅丘を激励した日活のエース、石原裕次郎が「俺と共演していい映画を作ろう」と誘って公開した「銀座の恋の物語」は大ヒット。続くコンビの「憎いあンちくしょう」は浅丘が「生涯で一番好きな映画」と述懐する作品となった。

 インタビューが終わり、浅丘の控室を出ると「銀恋」で使われた銀座のオープンセットがまだあり、その近くで撮影されていたのが「キューポラのある街」だった。見学していると真っ白なワンピース姿、お下げ髪の小百合が現れ、浜田光夫との立ち話のシーンが始まった。

 「何とかれん。まるで野菊みたい」

 小百合を見た第一印象である。このとき小百合は17歳、浅丘は22歳、ついでに私は19歳だった。彼女は59年、「朝を呼ぶ口笛」(松竹)で映画デビューしたが、日活時代は一つ年上の浜田光夫との純愛路線コンビが敷かれた。そして62年の「キューポラのある街」は大ヒット。小百合は同年のブルーリボン主演女優賞を最年少(当時)受賞した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ