松平健、長男の保護者会で「ご婦人ばかりで私はうなずいてばかり」

 俳優、松平健(64)が29日、東京都内で行われたNHK BSプレミアムの主演ドラマ「PTAグランパ2!」(4月8日スタート、日曜後10・0、全8回)の試写会に参加し、共演の安達祐実(36)、浅田美代子(62)と会見した。

 昨年4月に放送され好評だったパート1の続編。前回と同じく松平は離婚したシングルマザーでOLの娘に代わり、孫の通う小学校のPTA副会長に立候補して就任する定年した元企業戦士を演じる。

 松平は今回、「おやじの会」の副会長にも就任。き然としつつもコミカルなおじいちゃんを熱演。PTAの母親たちだけでなく、自治会との対立騒動も起きる。時代劇スター転じてユーモラスな演技で、悲喜こもごものミステリアスな物語の大黒柱となる。

 実生活では新6年生の長男(11)の父でもある松平は「息子の学校にはPTAはないですけど、保護者会はある。その役員をやったし今も入っていますが、ご婦人ばかりで私はうなずいてばかり」と苦笑い。劇中とは違っておとなしくしているようだが、ドラマについては「私自身もそうだし、これからお子さんを学校に通わせる親御さんにも参考になる」と太鼓判を押した。

 同じく実生活で新6年生の長女(11)と長男(1歳8カ月)の子供がいる安達は今回、前回のPTA副会長から会長に祭り上げられる役どころ。撮影の合間に松平とは「仕事と育児の配分とか話をしています」と打ち明けた。

 前回に続いて松平の妻を演じる浅田は「松平さんが一生懸命やればやるほどおかしい」と語ると安達も笑顔で同調。チームワークの良さをうかがわせた。また、会見には出席しなかったが、前回でPTA会長を演じた戸塚純貴(25)が今回、おやじの会の会長に就任。コミカルな演技で盛り上げる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ