福山雅治、起死回生のハリウッド進出プラン 英語習得に強い意欲、結婚が転機に

 さらに、今年2月には『男たちの挽歌』や『レッドクリフ』シリーズで知られる香港のアクション映画の巨匠、ジョン・ウー監督がメガホンをとり、中国の人気俳優、チャン・ハンユーとともに主演を務めた映画『マンハント』が日本でも公開されたが、こちらも少々厳しい状況だ。

 芸能リポーターは語る。

 「福山さんは、結婚直後の16年には自宅マンションの管理や住民の世話をしているコンシェルジュの女性が、居室内に侵入したとして逮捕される事件もあったように、独身時代は熱狂的な女性ファンに支えられていた部分は大きい。やはり結婚は大きな転機になったのではないでしょうか」

 そんな福山は、近年は“男性限定ライブ”に力を入れるなど、同性の支持集めにも精力的だが、一方でこんな話も…。

 「福山さんは最近、英語にも強い関心を示していて語学習得も考えているようです。今回の『マンハント』で中国進出を果たしましたが、続いて米ハリウッド進出も視野に入れているのではないかと業界内で噂になっています」(前出の芸能リポーター)

 結婚を機に海外進出など新たな活動にも視線を向ける福山の今後の動向に注目だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ