松本人志、ほぼ同期の内村光良に“嫉妬”「はっきり明暗が分かれた」

 お笑いコンビ、ダウンタウンが29日、大みそか放送の日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日年越しスペシャル! 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」(後6・30)の制作発表を東京都内で行った。

 午後2時半に始まった取材会の“裏”では、大相撲の横綱日馬富士が暴行問題の責任を取って引退会見を行った。浜田雅功(54)は、報道陣に「あっち、いかんでええの?」とニヤリ。相方の松本人志(54)も「はるま~ふじのこと?(記者は)行きたいと思うけどね」と“事件”に触れ、爆笑を誘った。

 毎年恒例の特番は12年目を迎え、今月7、8日に関東近郊でロケを敢行。同20日発売の写真誌で不倫疑惑を報じられたタレント、板尾創路(54)も出演しており、松本は「板尾さんは発覚前なので頑張ってました。(記事が)出るの分かってたんでしょうね」と毒舌全開だった。

 収録の手応えについては「“最終回”にふさわしい(でき)。ダウンタウンは来年のNHKの(紅白)総合司会のオファーが来ているとか、来ていないとか。今、確認中です」とボケを炸裂。

 今年の総合司会は同世代のお笑いコンビ、ウッチャンナンチャンの内村光良(53)だけに「ほぼ同期のウッチャンが司会。はっきり、明暗が分かれた」と本気で悔しがっていた!?

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ