ムロツヨシ、芳根京子の弟役で声優デビュー!米アニメ映画「ボス・ベイビー」

 俳優、ムロツヨシ(41)と女優、芳根京子(20)が米アニメ映画「ボス・ベイビー」(来年3月21日公開)の日本語吹き替え版で声優に初挑戦することが21日、分かった。見た目は赤ちゃんで中身はおっさんという主人公を、外見も中身もおっさんのムロ、7歳の兄を芳根が演じる。先生と生徒役で共演歴がある21歳下の芳根と“逆転兄弟”になるムロは「まさか私が弟」と驚き、芳根は「ボス・ベイビーが愛しい」と兄気分だ。

 41歳の個性派俳優が赤ちゃん、20歳のスター女優が7歳の少年になる!?

 「ボス・ベイビー」は、見た目はかわいい赤ちゃんでも中身はおっさんのボス・ベイビーの物語。「怪盗グルー」シリーズなど数々のヒット映画を生み出しているユニバーサル・スタジオと、「シュレック」などを手掛けるドリームワークス・アニメーションが初タッグを組んだ話題作だ。

 「マダガスカル」シリーズのトム・マクグラス監督(53)がメガホンを執り、全米では「美女と野獣」を抑えて2週連続1位を獲得。全世界で興行収入540億円を突破した超大作の日本語吹き替え版声優に決まったのが、声優初挑戦となるムロと芳根だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ