日本アカデミー賞・速報 最優秀アニメーション作品賞は「この世界の片隅に」

 最優秀アニメーション作品賞は「この世界の片隅に」(片渕須直監督)が受賞した。

 片渕監督は「6年以上かかって作った映画。あきらめなくてよかった。途中で『もう、いいか』と思っていたら、みなさんの心の中に、(主人公の)すずさんという小さなかわいらしい主婦の姿が宿ることはなかった。ここに今いること自体がいろいろな人の支えあってのことだと思っています」と感謝の言葉を述べた。

 「この世界の片隅に」は、第二次大戦中の広島・呉を舞台に、戦時下を生きる名もない人々の日常を描いた作品。徹底した調査で再現した当時の暮らしや、日常を少しでも明るく生きようとする主人公・すず(声・のん)たちの姿を描く内容が人気を呼び、異例の大ヒットとなった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ