成宮寛貴が芸能界引退を発表 違法薬物使用疑惑報道で本人から申し入れ

 俳優、成宮寛貴(34)が9日、芸能界引退することがわかった。所属事務所がFAXで発表した。

 FAXによると、2日発売の一部週刊誌で違法薬物使用したとの疑惑を報じられ、本人からの事情聴取や薬物鑑定など、必要な調査を行ってきたが、「薬物使用を裏付ける客観的事実は確認できませんでした」と疑惑について改めて否定した。

 しかし、調査結果を受けて今後について検討していた際に、本人から芸能界引退の申し入れがあったといい、何度も話し合いの機会を持ったが「本人の決意が非常に固かったため、大変残念ではございますが、本人からの申し入れを受けざるを得ないと判断いたしました」と説明した。

 また、成宮自身も自筆で記した引退表明をFAXで発表。理由について「心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました」「今後これ以上、自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けると思うと、自分にはもう耐えられそうにありません」などと説明。さらに「関係者や身内にこれ以上の迷惑を掛ける訳にはいかない」と記した。

 また、直筆のFAXによると「この仕事をする上で人には絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい…」と性的な面も関心を呼んだことに対する不安を吐露。「このまま間違った情報が拡がり続ける事に言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです」「今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい」などと悲痛な言葉が並んだ。しかし、「間違った情報」という言葉はあったが、違法薬物使用を明確に否定する文章は記されなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ