アドリブ満載の漫才が光るコンビ、スタンダップコーギー

 【ビッくらぼんの365日・芸人日記】(185)

 スタンダップコーギー(マセキ芸能社所属) ★結成・2014年 ★ボケ担当・三森大輔(23) ★ツッコミ担当・奥村うどん(26)

 東京アナウンス学院芸能バラエティ科の先輩・後輩で結成したスタンダップコーギー。先輩でツッコミの奥村のミスに、ボケの三森が揚げ足を取る独特の漫才を展開する。

 --先輩・後輩という間柄ですが、知り合ったのは学校ですか

 奥村「学校の中では全く接点がありませんでした。僕は学校を卒業後、『オンリー2』というコンビを組みましたが、あえなく解散。そのころ、三森とある食事会で同席し、そこにいた先輩芸人から三森とコンビを組むように薦められて…」

 三森「僕は、奥村さんをダーツバーでお見かけしたことがあり、すでに存じあげていました。奥村さんのダーツの腕前はプロ並みと評判でしたから」

 --どれくらいの腕前

 奥村「当時はレーティング(ダーツのレベル、ランク)10でした。プロが13なので、トップアマクラスでしたが、最近はあまりダーツをやっていないので6ぐらいです」

 --プロを目指したり、大会に出場した経験は

 奥村「そこまでは考えていませんでしたが、当時は夢中でしたね。あくまでも趣味です」

 --三森さんは虫好きとお聞きしましたが

 三森「外国のカブトムシとクワガタを約600匹飼っています」

 --どうやって飼育しているのですか

 三森「東京の郊外に2DKの一軒家を借りまして、その一部屋で飼育しています」

 --すごいですね。ブリーダーをやっているとか

 三森「あくまでも趣味です。家にはエアコンが一部屋しかなく、そこでカブトムシを飼っています。常に25度という快適な環境にしなければいけないので。僕の部屋はエアコンがなく、真夏は40度になる過酷な環境で生活しています」

 --目指すは昆虫芸人

 三森「そうですね。ゆくゆくは(昆虫好きの)哀川翔さんやカブトムシゆかりさんと共演したいですね」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ