小松菜奈、体張った演技 胸もまれ、びんた…映画「ディストラクション・ベイビーズ」

 彼女にはスクリーン映えする華がある。画面に現れた瞬間、惹きつけられるオーラを身にまとっているのだ。これは女優にとって大切なことだ。今年はマーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の「沈黙」を映画化する「Silence(原題)」でハリウッドデビューも果たす。2年前、「渇き。」で取材した小松に「単なるアイドルではない、どこか気になる女優になってほしい」とエールを送ったが、着実に女優の道を歩んでいるようでホッとした。(伊藤徳裕)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ