小松菜奈、体張った演技 胸もまれ、びんた…映画「ディストラクション・ベイビーズ」

 【スクリーン雑記帖】

 今回はモデルでもある女優の小松菜奈(20)について書く。長編映画デビュー作「渇き。」(中島哲也監督)で小悪魔的な女子高生を演じて話題を集めてから約2年。今年を代表する日本映画の1本になるであろう「ディストラクション・ベイビーズ」(21日公開)での体を張った演技にはうならされた。

 舞台は愛媛県松山市。通行人にけんかを売って生きているストリートファイターの青年・泰良(たいら、柳楽優弥)と、彼に共鳴する高校生・裕也(菅田将暉)の2人による「けんか道中記」だ。全編を通して繰り広げられるリアルなけんかシーンは、北野武監督のデビュー作「その男、凶暴につき」(1989年)の暴力場面で受けた衝撃をほうふつとさせる。むき出しのナイフのような柳楽のたたずまいには戦慄さえ覚えた。メガホンをとった真利子(まりこ)哲也監督が2012年にミュージックビデオの撮影のため訪れた松山市で、バーのマスターから聞いた実話が基になっている。

 「北野監督の初期の映画を見た印象をお客さんに与えられたらと思った。でも同じことやってもかなわないので、北野映画の後の映画として何ができるかを考えた」と真利子監督。そこで参考にしたのが動画サイトに投稿されている本物のけんかの光景だった。「やばいんですよ。あの感じを出せるかなとかなり勉強して、カメラワークも決めていった」と明かす。

 「人生で初めて髪の毛を染めた」という小松が演じたのは、キャバクラで働く少女・那奈。泰良と裕也が強奪した車に乗り合わせていた彼女は後部座席に押し込められ、逃避行の道連れになる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ