今いくよさん急死、くるよ号泣…死の3日前に病床で最後の“漫才”

 女性漫才コンビ、今いくよ・くるよの今いくよ(いま・いくよ、本名・里谷正子=さとや・まさこ)さんが28日午後5時58分、胃がんのため入院先の大阪府内の病院で死去した。67歳だった。昨年9月に胃がんと診断され、同年11月の退院後は抗がん剤治療を続けながら今月11日まで舞台に立ち続けた。最期を看取った今くるよ(67)は29日、京都市内で営まれた通夜に参列し、「日本一の相方で、ほんま幸せでした」と号泣した。

 関係者によると、昨年9月から胃がんと闘っていたいくよさんは、最後の舞台となった今月11日の大阪・なんばグランド花月での公演終了後、抗がん剤を変えるなど治療方針を話し合っていたが、容体が急変。28日に相方のくるよ、弟ら親族に看取られて永眠した。

 29日には京都市内で密葬形式の通夜が営まれ、西川きよし(68)ら芸人仲間など100人が弔問に訪れた。

 コンビ結成から42年連れ添ったくるよも参列し、悲しみをこらえて会見。くるよによると、20日前後に体調不良を訴えたいくよさんは大阪府内の病院に入院。25日夜から容体が悪化した。26日にはくるよの問いかけに返答できず、危篤に近い状態となったという。

 そのくるよは20日前後から付きっきりで看病。「『がんばりや』と足をさすったら、『ありがとう』っていう顔をしてくれたけど、(心電図の)モニターの数字がゼロになって…。最期まで笑顔で『がんばるよ』っていうサインを送ってくれた」と号泣した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ