“She”is連ドラ初主演!松岡茉優「胸を張って真ん中に」

 女優、松岡茉優(まゆ=20)が18日スタートのフジテレビ系「She」(土曜後11・40)で連続ドラマに初主演することが4日、分かった。2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」のアイドル役でブレークし、高い演技力で注目を浴びる松岡は今回、ジャーナリスト志望の女子高生役に挑戦。5日のクランクインへ向け、「胸を張って真ん中に立ちたい!」と座長への決意を新たにした。

 2009年の映画「愛のむきだし」で女優として本格デビューしてから7年目。対人恐怖症のシェフという難役に挑戦した1月期のフジテレビ系「問題のあるレストラン」など、今年すでに2本の連ドラに出演した若手実力派が、念願の連ドラ初主演を果たす!

 松岡主演のフジ系「She」はミステリー要素が満載の学園ドラマ。女子高生の仲良し5人組の1人が突然失踪し、その彼女の意外な過去が次々と暴かれる中、残された4人の間に“不協和音”が生じていく物語。カット割の少ないカメラワークによるドキュメンタリー風の演出も注目だ。

 連ドラ初主演の大役に松岡は「手放しで喜べないし、緊張感が強いです」とプレッシャーを吐露。13年のNHKBSプレミアム「人生は『サイテーおやじ』から教わった~漫画家・西原理恵子」で単発ドラマの主演は経験済みだが、「連ドラではキャストやスタッフのチームワークがさらに重要になるので、撮影現場では胸を張って、真ん中に立ちたい」と座長の責任に燃えている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ