「クロ現」やらせ報道 NHK記者と面識 撮影地借り主、会見で明言

 NHKの報道番組「クローズアップ現代」などで記者の指示によるやらせがあったと週刊文春が報じた問題で、昨年5月に放送された番組内で「出家詐欺」ブローカーの活動拠点とされた事務所の借り主が3日、大阪市内で記者会見し、リポートしたNHK記者や多重債務者として登場した男性と以前から面識があったことを明らかにした。

 リポートに関する複数の人物が記者の知り合いだったことになり、何らかの演出があった疑惑がさらに強まった。

 番組でブローカーとされた男性は「ブローカーの経験はない」としてNHKに訂正を要求している。

 活動拠点とされた事務所は大阪市内にあり、借り主は会社経営者の40代男性。借り主は番組で多重債務者とされた男性と約10年前に知り合い、平成25年2月に事務所を借りた。男性には事務所の鍵を貸していたという。

 NHK記者は数年前に男性から紹介され、「2、3回食事をした」という。男性については「さまざまな肩書を持っており、知る限りでは多重債務者ではないと思う」と語った。

 NHK広報局は詳細は調査中としている。

 ■VTRの検証必要

 日本テレビで多数のドキュメンタリーを手がけた水島宏明法政大学社会学部教授の話「放送では、多重債務者がブローカーに相談した後、外に出たところを記者が追いかけ、インタビューした流れになっている。その順番通りに撮影が行われたかどうかが重要なポイント。VTRにはタイムコードという情報が残されている。関係者のヒアリングだけでなく、物証として残るVTRを調べるべきだ」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ