ジョニー大倉さん、肺がんと闘病1年半、力尽きる:イザ!

2014.11.27 12:06

ジョニー大倉さん、肺がんと闘病1年半、力尽きる

 ロックバンド「キャロル」の元メンバーで、肺がんと闘病中だった俳優のジョニー大倉(じょにー・おおくら、本名大倉洋一=おおくら・よういち)さんが19日午後5時56分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。62歳だった。

 所属事務所によると、大倉さんは19日午後1時ごろ、肺炎により容体が急激に悪化し、肺機能が停止。懸命の救命処置が施されたが、午後5時56分、妻のマリーさんや子供、親戚らに見守られる中、息を引き取った。苦しむこともなく、安らかな顔だったという。

 大倉さんは昨年5月下旬、肺に15個のがんが発覚し入院。医師からは余命2週間の宣告を受けたが、抗がん剤治療により2個に減り、最大15センチあったがんも2センチまでに縮小。今年4月13日にはステージに立つまでに回復した。

 だが、8月上旬に容体が悪化し、再入院。がんの転移は見られなかったものの、がんが大きくなり、再び抗がん治療を受けた。その後、肺炎も併発したが、9月6日のバースデーライブに向けてリハビリも行っていた。