トヨタ初の手放し運転 レクサスLS発売 自動運転レベル2の高度化狙う 

次の写真へ
自動運転のレベル2技術を搭載したトヨタ自動車の「レクサスLS」(左)と「ミライ」(同社提供)

自動運転のレベル2技術を搭載したトヨタ自動車の「レクサスLS」(左)と「ミライ」(同社提供)

 トヨタ自動車は8日、自動運転技術を強化した新システム「アドバンスドドライブ」を高級ブランド「レクサス」の「LS」に採用し発売した。車載ソフトウエアを顧客が購入後にも遠隔で自動更新し、走行性能を改善する機能を国内メーカーで初めて備えた。レベル2の技術はホンダが市販車で実現したレベル3より下位とはいえ、高速道路での手放し運転が可能となるなど、運転者の負担を減らす効果は大きい。トヨタは運転者の安心を意識した機能にもこだわっており、レベル2の競争も活発化しそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ